総トップページにジャンプ

  河辺駅周辺



はじめに
河辺駅 場所
河辺駅付近
塩船寺
塩船観音寺


はじめに

 塩船観音寺に参拝をしようとして、この河辺駅で降りました。したがって、他の記事はありません。しかし、後日に改めて駅周辺を回って、記事を増やしていきたいと考えています。


河辺駅 場所

 JR青梅線の河辺駅。立川から向かって河辺、東青梅・青梅となる。河辺駅の北口。




 「平和のよろこび」という像があった。




 その像の位置である。




 横からパチリ。




河辺駅付近

 駅前のビルは、道路をまたいで渡り廊下がある。




 少し行くと、レトロな店があった。




塩船寺

 河辺駅北口からバスに乗って、「塩船観音入口」で下車。




 そこから歩いていくと、途中に「真言宗豊山派西光山塩船寺」がある。しかし、「塩船観音寺」とはあまり関係がないらしい。「塩船観音寺」と間違って入られるのが迷惑なのであろうか、山門は固く閉じられていた。




 川はないが橋になっている。もしかしたら、観音伝説かもしれない。




 山門の額。




 山門右側の石像。




 左側の石像。




塩船観音寺

 塩船寺を後にして、しばらく行くと塩船観音寺の山門が見えてきた。右側の石柱には、「別格本山 国宝塩船観音」。「寺」という字は、入ってない。




 近づいて見ると。茅葺の屋根。右の看板には、「……大悲山塩船観音寺」。




 山門の額。ちょっと薄くなってしまったが、「大悲山」と右から左に書いてある。




 右側の仁王。格子の間にカメラを差し込んで撮ったので、アングルが定まらない。




 左側の仁王。




 阿弥陀堂。




 阿弥陀堂の内陣。




 薬師堂。




 薬師堂の内陣。




 薬師堂の説明文。




 円通閣。




 円通閣の額。




 説明文。




 鐘楼。他にもある。




 鎮守。「当山鎮守 山王七社権現」とある。




 正面の祠。




 招福の鐘。




 説明文。




 「塩船平和観音」のお姿が見えてきた。

<l


 同じく、もう少し近くから。

<l


 正面から。あまり近いので、全体が入らない。

<l


 説明文。




 大きさがわかるように、人物を入れました。




 下を見ると、全山つつじです。




 下って、下から見ると。「塩船平和観音」さまが小さく見えるのがわかりますか。




 同じ位置から、望遠モードで撮ってみましょう。望遠にすると、ちょっと画面がぼやけてしまうようですね。

<l


 本堂。




 本堂の額。




 本堂の内陣。ご本尊は、「千手観音」。




 本堂右の不動尊。




 本堂左の看板。




Kuroda Kouta (2010.05.21/2014.03.28)