総トップページにジャンプ

  常楽寺十六羅漢



はじめに
常楽寺 場所
羅漢たち


はじめに

 羅漢(らかん)は、「阿羅漢」(あらかん)の略です。阿羅漢は、「応供」(おうぐ)と訳され、「尊敬を受けるに値する人」という意味。つまり、仏のこと。あるいは、最高の悟りに達した聖者。ここの阿羅漢たちは、お釈迦さまのお弟子たちではないでしょうか。
 お名前については、後日調べてみようと思います。お寺のお坊さまに聞けば、教えていただけると思うからです。また、「金竜寺十六羅漢」を参考にしたいとも考えました。


常楽寺 場所



羅漢たち

 お名前が板に書いてあったのでしょうが、もはや消えてしまって読めません。そこで、仮に番号で示しておきましょう。

・ 羅漢1




・ 羅漢2




・ 羅漢3




・ 羅漢4




・ 羅漢5




・ 羅漢6




・ 羅漢7




・ 羅漢8




・ 羅漢9




・ 羅漢10




・ 羅漢11




・ 羅漢12




・ 羅漢13




・ 羅漢14




・ 羅漢15




・ 羅漢16




Kuroda Kouta (2008.04.11/2010.04.04)