総トップページにジャンプ

  矢野口駅周辺



はじめに
矢野口駅 場所
白山神社
多摩川原橋
盡性園とくろがね
倉庫二つ
押立堀公園
押立渡船場跡
島守神社
寺のない墓
津島神社
稲城大橋有料道路
JR南武線の工事


はじめに

 JR南武線の矢野口駅の周辺です。
 三鷹市から相模原市へ行くときに、車で通った道です。しかし、プチさん(プティ散策)としては初めて。今後とも、いろいろな発見があるでしょう。


矢野口駅 場所

 かつては踏切りで渋滞をしたのですが、電車は高架になり、さらに道路も拡張しました。すっかり、見違えるほどの光景です。まず、駅の外観(南側)。




 ホームは一本。島式の構造です。電車は下りで、立川行き。つまり、向こうに進んでいます。




 駅を少し北から見たところ。かつての踏み切りは、まったく名残もない。




白山神社

 矢野口駅から鶴川街道を北に向かって、多摩川の手前右側(東)に白山神社。その川に入るところに、かつての灌漑用水。もはや、田はまったくありません。駅から近いので、周りにはアパートや駐車場。




 神社は大きな木とともに、残っています。




 小さいながらも、本殿です。




 格子の隙間から、内陣を覗くと。




多摩川原橋

 鶴川街道が、多摩川を渡る橋です。南側の交差点には、「稲城多摩川原」とありました。右岸の少し下流から見ると、とてもすっきりとした橋です。この橋には、アーチ状の支えはありません。




 以前から上流側に橋と平行して、水道橋(すいどうきょう)があるのが特徴です。




盡性園とくろがね

 「東京都立九段高等学校 盡性園」というのがありました。「じんせいえん」と読むのでしょうが、いったい何をするところでしょうか。




 「くろがね」は、日曜大工や園芸の用品を売っているスーパー。多摩川の対岸には、やはり東宝の日曜大工があります。




倉庫二つ

 個人のお宅に倉庫がありました。古いタイプの蔵です。その前には、スチールの倉庫。この付近は、大水で氾濫をしたことがあります。そんなときの、万全の備えをしているのでしょうか。




 その前の道には、「押立自治会自主防災倉庫」があります。稲城市と書いてあるので、おそらく倉庫自体は市が支給をして、貯蔵は自治会で自主的に行うのでしょう。




押立堀公園

 四中通りを北西に向かうと、左側にちょっと公園らしき場所がある。下の写真を見てください。見事な藤棚と旧式な火の見やぐら、そして鯉幟(こいのぼり)がありました。(2008年4月25日、金曜日)




 ここの藤棚は、驚いたことに金属製のパイプ製。しかも、下のテーブルは電線の糸巻き?だったもの。予算の都合でしょうか。




 鯉幟と火の見やぐら。風がないので、鯉幟はダラン。




押立渡船場跡

 稲城大橋有料道路の少し下流、右岸(南の稲城市側)に「押立渡船場跡」の説明板がありました。押立自治会館の敷地の中です。説明文に「常久」という地名が記されているのも、「渡し」という言葉と同じに、私の注意を引きました。なぜならば、対岸の「競艇場前」駅は私が小学生のころは「常久」と言ったからです。また、そこにあった神社が度重なる多摩川の洪水のために、東府中駅のさらに北に移転をしていることを知っているからです。




 説明板ではなく実際に渡船場があったのは、葎草橋通り(りっそうばしどおり)の標識が立っている辺りではないでしょうか。「葎」は「かなむぐら」のことで、クワ科の一年草です。




島守神社

 稲城大橋有料道路の東側に島守神社があります。




 ご覧のように床が高いのは、洪水のときに少しでも水没をしにくくするためでしょう。




寺のない墓

 稲城大橋有料道路に沿って南に行くと、左手にかなり大きな墓がある。しかし、そこには寺はない。いくつかの寺が、それぞれに管理しているらしい。もしかしたら、「孝子長五郎の墓」がその中にあるのかもしれない。次に行ったときに、確かめてみるつもり。




津島神社

 津島神社は、稲城市に二つあります。もう一つは、稲城長沼郵便局の近く。




 この津島神社の鳥居の額。赤い文字で、何となく厳か。




 本殿です。と、言っても建物は一つ。




 本殿の額。文字が、浮き彫りになっている。




 内陣を覗くと。合祀されている右側は、もしかしたらお稲荷さま。




 津島神社の入り口に、別に祀られている神さまがまします。




 境内というか、社(やしろ)の左側(西)には小川が流れています。




 そこには、鯉がたくさんいました。上の写真ではわかりにくいので、デジカメを望遠にして撮ってみました。




稲城大橋有料道路

 多摩川を一気に渡れるように、稲城大橋有料道路があります。鶴川街道から北に、JR南武線の稲城長沼駅と矢野口駅との間をくぐり、多摩川を渡って府中市に抜けます。下の写真は、その稲城市側の入り口。しばらく行くと、地下を走るようになります。




 天井の一部が開いているので、下を走っている車が見えます。




 川崎街道とのクロスは、地下ですからありません。むろん、JR南武線も高架ですから関係がありません。




 多摩川にかかる橋の手前で、道は地上に出ます。




 歩行者も利用できるように、階段が付いています。




JR南武線の工事

 南武線の矢野口周辺で、かなり大掛かりな工事が行われています。下の写真は、稲城大橋有料道路の上を走る南武線。現在走っている複線は、左側。さらに、複線の工事をしている。複々線になるのでしょうか。なお、先方は立川方面。つまり、西の方角です。




 同じ場所から東、川崎方面を見たところ。




 上には、すでに複線が架設されている。この状態で、電車を走らせるのでしょうか。




Kuroda Kouta (2008.04.25/2010.04.04)