総トップページにジャンプ

  稲城長沼駅周辺



はじめに
稲城長沼駅 場所
多摩川べりの三つの小神社
梨の花と梨花幼稚園
カイヅカイブキ
梨でなく桜
稲城北緑地公園
津島神社
稲城浴場
大丸親水公園
大丸地区会館
但馬稲荷社


はじめに

 JR南武線稲城長沼駅の周辺を散策してみよう。
 初回に行ったとき(2008年4月7日、月曜日)は、雨に降られたために途中で取りやめ。そんなために、改めて行くつもりです。また、プチさん(プティ散策)の内容が増えてきたので、「南多摩駅周辺」と京王相模原線の「稲城駅周辺」は別ページにしました。


稲城長沼駅 場所

 京王相模原線の稲城駅ができる以前から、JRは「稲城長沼」でした。おそらく、すでに国鉄の駅名に「稲城駅」があったのでしょう。駅のホームは、昔ながらの跨線橋方式です。




 しかし、現在は駅改造中。北に仮駅舎が建っています。現時点(2008年4月7日、月曜日)では、この改札口が一つあるだけです。




 駅の外から見ると、駅改造のために川崎方面行きのホームが用意されています。まだ、このホームは使用されておらず、右側の跨線橋の下を走っています。




 現在は、一つしかない北口の改札口。その前の商店街です。アーケードにある通りのマークには、なぜかキリンの親子。京王相模原線稲城駅に向かう通りにも、いくつかありました。




多摩川べりの三つの小神社

 多摩川の右岸沿いに、三つの小さな神社がある。
 一つは梨花幼稚園を超えて稲城大橋の近く、そして後の二つは稲城北緑地公園の南側。「天満天神社」というのであろうか。




 額の位置に書いてあるが、二文字目がわからない。おそらく、「満」という字ではないか。




 多摩川の右岸から見た稲城大橋。




 多摩川の右岸を上っていくと、稲城北緑地公園のあたりから二つの神社が、すぐ近くに見える。右が「多度神社」、そして左が「稲荷神社」。




 多度神社。大きな欅(ケヤキ)の下にある。




 多度神社の本殿。




 名前が書いていないが、畑にいた人に聞いたら「稲荷神社」だという。




 斜めから見ても、非常にミニサイズ。




梨の花と梨花幼稚園

 稲城地区は梨(ナシ)の産地であり、至るところに梨畑がある。砂地が、好ましいのかもしれない。右側は、多摩川の堤防。ちょうど、花を付ける季節(4月上旬)である。ブドウ棚のような木の植え方になっている。カイズカイブキはナシの天敵になるから、植えないようにと書いてあった。




 すぐ近くに、梨花幼稚園というのがあった。




カイヅカイブキ

 カイヅカイブキと犬の糞。そんな掲示があった。稲城長沼駅の南、市役所通りが川崎街道にクロスする辺りである。カイヅカイブキ(貝塚伊吹)は、庭木や生け垣などにするイブキの園芸品種である。高さは、6メートルほど。枝が螺旋状にねじれて、円錐形になる。イブキ(伊吹)は、ヒノキ科の常緑樹。雌雄は異株である。「カマクライブキ」「イブキビャクシン」「ビャクシン」などとも言う。




梨でなく桜

 稲城長沼駅の近くの市役所通りに、梨でなくて桜の名前がついた表示が二つあった。一つは、整骨院。




 もう一つは、工場らしい。ダイノシステムとは、何であろうか。




稲城北緑地公園

 多摩川と分水路の間が公園になっています。右(北)に多摩川、そして左(南)に用水。その間のかなり広い場所です。




 用水の上流を見たところ。




 左の道路側から公園を見たところ。




津島神社

 稲城長沼駅の北西500メートルくらいのところに津島神社がある。




 地図には「津島神社」となっているが、鳥居の額には「天王社」と書いてあった。




 こじんまりとした本殿。




 本殿の額。おそらく、津島神社に稲荷神社が合祀されたのであろう。




 内陣を格子の隙間から覗くと、小さい社が二つ並んでいた。




稲城浴場

 かなり以前に、何回か妻と一緒に行ったことがあります。南武線の久地駅・津田山駅間にある墓地に行った帰りでした。「露天風呂サウナ 稲城浴場」と書いてありますが、当時はなかなか清潔で、気持ちのよいお風呂でした。




大丸親水公園

 稲城長沼駅と多摩川の間には、小さい川がたくさん流れています。そして、現在は親水公園や遊歩道になっています。かつて、この地区には水田が多くあって、小川は灌漑用水に用いていたのでしょう。




 「雁追橋跡」という記念碑がありました。




 「雁追橋跡」の文章。ちょっと読みにくいが、それでも何とかわかります。




 地域の人が、川原に花を植えている場所があります。




 造形もありますが、いったい何を意味しているのでしょうか。




 面白いデザインのトンネルです。




 下の流れは、分水路といって下流の田に水を分配する箇所だったところです。




大丸地区会館

 大丸地区会館には、シルバー人材センターも併設されているようです。




 大丸地区会館の北側にある用水路の岸辺に添って植えられた桜が満開。




 大丸地区会館の西にある大きなケヤキ(欅)の木。




但馬稲荷社

 大丸地区会館の南に隣接してあるのですが、なぜかGoogle地図に載っていません。(Yahoo地図を調べたら、そこにはありました。)




 石の鳥居の額には、「正一位但馬稲荷社」とあります。




 本殿は、質素な造りです。




 隙間から内陣を覗くと、厳かなご本体がありました。




Kuroda Kouta (2008.04.07/2010.04.04)