総トップページにジャンプ

  京王よみうりランド駅周辺



はじめに
京王よみうりランド駅 場所
妙覚寺(観音)
稲城ありがた山千体仏
風呂とゴンドラ
日本山妙法寺
吉方橋から天神橋まで
穴澤天神社


はじめに

 京王相模原線の「京王よみうりランド」駅の周辺です。
 次回に行ったときは、穴澤天神社の本殿に参拝したいと思います。


京王よみうりランド駅 場所

 電車から写したゴンドラ。しかし、あまり小さいのでわからないでしょう。中央の軒下にある遠方の柱。その両側に、往きと帰りのゴンドラが吊る下がっている。さらにその先には、巨人軍のグラウンド。そして、よみうりランド(大きな遊園地)。




 京王よみうりランド駅の切符売り場。




 切符売り場前。稲城駅方向を見たところ。自転車がいっぱい。




 少し行って、線路の下で振り返って見たところ。正面が駅の改札口。




妙覚寺(観音)

 臨済宗建長寺派 雲勝山妙覚寺。大通側の入り口。




 入り口の横にあったかるた掲示。




 南側の門。




 本堂。




 本堂の額。内陣にある。




 本堂の内陣。




 ご詠歌。




 観音。名称が書いてなかったが、もしかしたら持蓮観音かもしれない。

<l


 ちょっとアップ。

<l


 横顔を拝見。

<l


 観音の横から堂に登る階段の左側に、赤不動明王。




 右側に、馬頭観世音。




 右側、次に地蔵菩薩。




 そして、その後ろにメランコリックな仏さま。




 すると、堂があった。




 堂の額。




 堂の周りには、まず三体仏。




 その右には、大仏とはいえない大きさの中くらいの仏。




 堂の裏から、京王よみうりランド駅が見える。




 堂の横から墓地になるのだが、そこに板碑(いたび)。




 板碑の説明。




 板碑の横には鐘楼。




 西の外れに、「秋葉山大権現」の標識。この奥には、何もないようだ。




稲城ありがた山千体仏

 稲城市南山ありがた山千体仏といい、墓石と石像がおよそ四千柱あるが、実際にはあちこちから運ばれてきたものらしい。その入り口にある立て札(左側)には、妙覚寺と書いてある。下のほうは現在の新しい墓。そして、中段以上はいわゆる千体仏。




 千体仏の並び方。

<l


 北側の展望。




 左側(東)に水の湧く祠があった。




 仏の数も、相当なものである。

<l


 草に埋もれてしまっているところもある。

<l


 少し大きくして見ると、傷みがはなはだしいことがわかるでしょう。

<l


 右側(西)に、堂があった。




 堂の額には、「白雲山鶴林閣」。屋根に鶴が置かれているのが、おわかりでしょうか。なお、兵庫県加古川市に、鶴林寺(かくりんじ)という大きな寺があった。




 いちばん上の千体仏。

<l


 右手(西)にも、井戸があった。




 道に青大将がいた。




風呂とゴンドラ

 よみうりランドの反対側には、丘の湯。全国の風呂アンケートで2位になったといいます。そして、3位は仙川の風呂。なお、1位は大阪にあるそうです。




 風呂から上がると、ゴンドラでよみうりランドを一跨ぎ。京王よみうりランド駅に出て、そこから調布経由で帰ります。この人は、ゴンドラが揺れていておっかないので緊張しています。




 ゴンドラから見たよみうりランド。




日本山妙法寺

 稲城市ですが、「京王よみうりランド」駅から「小田急の読売ランド前」駅に向かう山道を少し西へ入ったところです。参拝をして、大きな組織の支部のような感じがしました。




 仏舎利塔もあります。




吉方橋から天神橋まで

 吉方橋(きっぽうばし)から三沢川(みさわがわ)沿いに、天神橋まで歩いてみました。下の写真は、吉方橋から下流を見たところ。なお、天神橋の少し下流から稲田堤までの三沢川については、「稲田堤駅・京王稲田堤駅周辺」をご覧ください。




 鯉が騒いでいました。もしかしたら、産卵かもしれません。




 矢野口橋のところに、親水公園になっている箇所があります。




 上流から下流を見たところ。なるべく自然の流れにしてあるようです。




 下流から上流を見たところ。子どもが、水遊びをしています。




 新田橋から上流を見たところ。




 同じく、新田橋から下流を見たところ。




 少し行くと、川岸(北側)に富士通がありました。




 天神橋です。擬宝珠(ぎぼし)が美しく金色(こんじき)に輝いています。




穴澤天神社

 本殿は階段を登ったところにありますが、川沿いにも弁天さまがまします。




 弁天さまがおられて、湧水があるところです。




 湧水の水源。




 湧水の説明。




 弁天さま。




 全体の景色。二の鳥居の奥に、弁天さまのお姿があるのがおわかりでしょうか。




Kuroda Kouta (2008.04.25/2010.06.04)