総トップページにジャンプ

  東所沢駅周辺



はじめに
東所沢駅 場所
遠照寺
柳瀬保育園
東福寺
氷川神社
下祖八幡神社


はじめに

 東福寺に大観音があるというので、行ってみました。


東所沢駅 場所

 武蔵野線の駅です。車両庫のある駅ですから、東所沢行きのように終点にもなることがあります。
 線路は一段と低いところになっています。下の写真は、改札を出て府中本町方面を見たところ。




遠照寺

 東所沢駅から200メートルほど南に行った「東所沢駅入口」交差点の南東にあります。大きな看板が立っていますが、寺らしい建て方でなく、ビル風です。




 それでも、下のような石柱がありました。




 玄関も、和風にできています。




 裏というか、東側は空き地になっているようです。




 その前の道を行くとガストがあって、「柳瀬保育園入口」交差点。道路沿いに並木がある手前のところです。そこを右に曲がります。


柳瀬保育園

 交差点を右折して、すぐに柳瀬保育園。行きこして、いま来た方向(北)を見たところ。




 東のほうは、田園風景。




 反対に西の方向。やはり、畑。左側(南)には、柳瀬保育園の駐車場。白い車が止まっている。




東福寺

 その道を南に向かうと、東福寺の裏手に出る。大観音の背中が、現れます。




 正面に回って、見上げてお姿を写すと。「守護観音」というお名前が、正面に書いてあります。

<l


 5メートル以上あるのでしょうか、アングルがつかめません。そこで、望遠モードにしてお顔を写しました。




 大観音の位置から、本殿を見下ろします。




 おわかりでしょうか。本殿の横の飾りが、私には何となく目に見えます。




 改めて本殿の正面から。守護観音が、ずいぶん高いところにおられることが、おわかりでしょう。




 本殿の額。




 龍の手水(ちょうず)がありました。




 本殿の周りには、仏像もあります。




 墓地の入口には、一体でなく複数の石像。




 戦没者供養塔もありました。




 厄除大師です。




 本堂に向かって右側にも仏像。




 石灯籠の壊れたものも、そのまま放置。




 山門は、南の道路に面して。




 山門の額の場所には、鳥の飾り。




 南の道路から、鐘楼を写しました。




 境内の東側には、神社。




 その額。




 そして道にある石柱。神社と寺院は一体であることがわかる。




 神社側の境内にあった不動尊。




 そして、砲弾型の碑。




 神社側にも、石灯籠の崩れたものが放置されていた。




氷川神社

 東福寺から300メートルほどのところに、氷川神社。




 左側にあった説明文。




 中程の鳥居の額。




 本殿。




 合祀された神々の祠。




下祖八幡神社

 氷川神社から、さらに東に500メートルほどで、下祖八幡神社。




 本殿。




 本殿の横(東)にあった土地改良(開拓)碑。




 神社の前の広場。




 そこにあった石碑。「西国秩父板東百番霊場」とある。もしかしたら、回った祈念碑かもしれない。




Kuroda Kouta (2011.05.25/2014.03.28)