総トップページにジャンプ

  幡ヶ谷駅周辺



はじめに
幡ヶ谷駅 場所
幡ヶ谷駅の付近・西代々木橋
代々木教会・シオン幼稚園
応慶寺・地蔵尊
庚申塔・地蔵尊像
代々木西原公園
新台橋
正専寺
清岸寺
不動院
清隆寺
神明氷川神社
案山子(かかし)のある店
牛窪地蔵尊(道供養碑)
スポーツクラブ
少林寺
東京ジャーミイ(トルコ文化センター)


はじめに

 今までに用がなかってので、下車したことはありません。しかし、ちょっと南に行くと落ち着いた住宅街になっているところもあります。


幡ヶ谷駅 場所

 初台駅と同様に、やはり地下駅になっています。駅の外、左側(西)の道、甲州街道の上には「首都高速道路新宿線」が走っています。また地下には、100円ショップがあることがわかります。




 エレベータで降りると、素敵な壁画(へきが)。




 右にある彫刻も素晴らしい。作者は失念してしまったが、「友愛」というタイトルでした。




 駅の改札口。




幡ヶ谷駅の付近・西代々木橋

 玉川上水跡の緑道がある。その説明板。




 橋があった場所の面影。おそらく、プレートは橋に付いていたものでしょう。




 緑道に添って、食堂もありました。




代々木教会・シオン幼稚園

 小田急線の代々木八幡駅のほうから、幡ヶ谷駅に向かって歩いていたらあった。日本キリスト教団の代々木教会である。そして、シオン幼稚園。仏教用語で「四恩」とは、「父母の恩」「衆生(しゅじょう)の恩」「国王の恩」、そして「三宝の恩」です。また、「至恩」とは「この上もなく大きな恩」のことを言います。
 しかし、もしも「シオン修道会」に因む名前でしたら、キリスト教団としては少し特異な命名ではないでしょうか。




 また、そこに貼ってあった『ヨシュア記』の引用は、なかなか印象的です。




応慶寺・地蔵尊

 ビルを一軒はさんでお寺と地蔵尊がありました。向こうから歩いてきて、地蔵尊を行き過ぎたところからパチリ。「浄土真宗応慶寺」は、奥に入っているので見えない。その代わり、看板がある。




 応慶寺の全貌。もはや、近代的なビルになってしまった。




 左にあった掲示板。




 小さいながらも、鉄筋コンクリートの祠(ほこら)。




 そして、立派な額。




庚申塔・地蔵尊像

 渋谷区元代々木23の辺りを歩いていたら、庚申塔と地蔵尊像がありました。マンションは、そのために庇(ひさし)まで用意をしてくれました。




 その説明文。




代々木西原公園

 入り口は狭いですが、中は広そうです。しかし、ちょっと疲れていたので入らずに幡ヶ谷駅をめざしていました。




新台橋

 「渋谷区西原一丁目36」です。向こうが幡ヶ谷駅。




 日時計がありました。




 いままで歩いてきた道を振り返ると。




正専寺

 ちょっとお寺らしくない感じ。木がぼうぼうとしている。




 入り口には、法話会の案内。




 とくに山門らしきものはない。参拝をしようと思ったが、中で僧侶のような感じの人が木の刈込みをしていたので、入りそびれてしまった。




清岸寺

 渋谷区幡ヶ谷三丁目35にある「浄土宗法界山清岸寺」。中野通りの反対側(西)からパチリ。




 中に入ると、また石柱がある。左側のビルは寺の会館になっている。向こうに見えるマンションは、寺とは関係がないようだ。




 落ち着いた佇(たたず)まいの本堂。




 本堂の額。




 本堂の内陣。




 本堂の内陣にも額。木の一枚板に、堂々とした文字で山号。




 しかし、その後(2010年5月)に行くと、ちょっと様子が変わっていました。寺がかなり発展したのではないでしょうか。額が、新しくなったようです。




 本堂の左側(西)に、大きな「幡ヶ谷聖観世音菩薩」。

<l


 横からのスナップ。




 ちょっと離れて、全体像。すると、「京王観音第二番札所」となっている。




 本堂の右側に、1メートル足らずの魚籃観音。

<l


 それでも、そのお顔の部分をアップ。何となく高橋葉介の描く女性に似ている。

<l


 魚籃観音の横からのショット。




 この幡ヶ谷聖観世音菩薩と魚籃観音とは、前にはなかったようです。もしもあったら、少なくとも大きな幡ヶ谷聖観世音菩薩には気付いたことでしょう。




 本堂の入り口右には、木製の象椅子。




 美しい形の浄霊殿。




 浄霊殿の額。




 浄霊殿の内陣。




 浄霊殿の前にある金属燈籠。ちょっと風が強かったので、風鐸が鳴りました。




 清岸寺の境内にある稲荷神社。なお、ググール地図には「瘡守稲荷神社」と書いてあるが、なぜか「清岸寺」自体の記名がない。おそらく、抗生物質などのなかった古くから、瘡(かさ)を直してくれる神さまだったのだろう。




 「幼少の法然さま」の像。




不動院

 真言宗日章山不動院。民家の中にあって、何となく民家風の造り。通りの入り口から見ると、突き出た看板でわかる。




 玄関の上に掲げられた額。




 内陣を覗くと。




 屋外には、観音さま。




 観音さまの右には、屋根付きの安楽地蔵尊。




 その小屋にかかっている額。




清隆寺

 「何と、これがお寺か?」と思われるかもしれません。私も探しているときに、ちょっと気付きませんでした。




 その入り口は、ふつうのビル風。




 表札で寺ということがわかる。打ちっぱなしのコンクリートと、そこに埋められた旗支えが印象的。




神明氷川神社

 修復工事中でした。中を覗くと、工事材料がいっぱい。




 入ってみたら、本堂の回りは何とか参拝できるようになっていた。




 外から見ると、中が工事中とはわからない。




案山子(かかし)のある店

 神明氷川神社と中野神明小学校の塀沿いに中野通りに出ると。目に入ったビル。その前の人の姿。信号機の下の女性ではなく、左のほうの帽子を被(かぶ)っている人。




 不自然なポーズと思ったら、やはり案山子(かかし)。




牛窪地蔵尊(道供養碑)

 まさしくビルに挟まれた感じ。




 近づいてアップ。右に石柱が。




 その石柱に、「道供養塔」がある。




 「道供養塔」の説明。「道供養碑」と言い換えている。




スポーツクラブ

 笹塚駅から中野通りを超えたところに、スポーツクラブがあった。外から見ると、多くの人がトレーニングマシンでがんばっている。私も永山に住んでいたころは、NASというクラブのプールやジムに通ったことがある。ここと同じように、素晴らしい環境であった。




 前にある水の流れを辿(たど)ってみると。




 いちばん先には、変った形の噴水があった。緑も多く、ビル街には素晴らしい環境である。




少林寺

 地図の「渋谷区幡ヶ谷一丁目21」のところに、寺のマーク(卍)がありました。しかし、行って見ると民家が並んでいて寺の建物ではないようです。




 その左側の門柱には、「金剛禅総本山少林寺」とあります。どうやら、子どもたちに拳法を教える道場のようです。




東京ジャーミイ(トルコ文化センター)

 代々木上原駅の少し西、井の頭通りに東京ジャーミイ(トルコ文化センター)があります。かつて、東京モスク・代々木モスクなどといわれた一種の寺院です。




 そこを東に行くと、「代々木上原」バス停。小田急線の代々木上原駅は、ガードを超えて交番のところを線路沿いに少し行きます。




Kuroda Kouta (2008.06.04/2010.05.20)