総トップページにジャンプ

  橋本駅周辺



はじめに
橋本駅 場所
久保ヶ谷戸交差点と「久保・谷戸トンネル」
境川両国橋
牛久保家の長屋門
香福寺
相原高校


はじめに

 下の写真は、いったいどこだか、おわかりでしょうか。




 京王線は調布で二方向に分岐しています。八王子・高尾方面に行く本線と、JR橋本駅を終点とする「京王相模原線」です。作られたときは、「私鉄の新幹線」などと言われました。なぜかというと、京王多摩川から橋本までには踏切がまったくなく、高速で走行できるからです。
 そして、特急が走ったりもしたのですが、利用者が伸びずに廃止されてしまいました。


橋本駅 場所

 北側の出口。二階になっています。手前がJR。京王相模原線は、ずっと奥右です。




 南側の出口の一つ。入ったところには、京王線の改札口。むろん、ここからJR側に行けるし、北口にも出ることができる。




 北側の下、つまり一階部分はバスターミナル。




 南側の一階部分。バス乗り場やタクシー乗り場もある。




 JRの橋本駅構内です。ホームの先のほうから、相原・八王子方面を見たところ。駅周辺には、大きなマンションが建っています。




 京王相模原線のホーム。非常に高いところにあり、土地を有効に使ってるのがわかります。上の写真の左側(南)にあります。




 「茅ヶ崎行き」の相模線の車両。この時間は四両編成ですが、通勤時間には八両になるようです。そして、横浜線の路線を八王子まで乗り入れています。




 駅の外れに、線路メンテナンス用の自動車があった。タイヤになっているが、車輪を出してレール上を走ることもできる。また、上にパンタグラフが付いていて、架線のテストをするらしい。




久保ヶ谷戸交差点と「久保・谷戸トンネル」

 町田街道の久保ヶ谷戸交差点に北に「久保・谷戸トンネル」があります。つい近年に、開通をしました。左側の階段を見てください。かつては、そのような急な斜面だったんです。




境川両国橋

 現在の境川は、流域がぐにゃぐにゃと流れるままに折れ曲がっています。国道16号線を歩いていたら、境川にかかる両国橋の工事現場がありました。




 上の看板を「Paint Shop Pro」の遠近補正ツールで、そのまま大きくしてみました。境川改修事業の一環として、両国橋の架け替えをしていることがわかります。




 川の上流を見ると。流れは、折れ曲がっていることがわかります。




 歩行者用の仮橋から見た下流側。国道16号線と現在の橋。




牛久保家の長屋門

 国道16号線の西側に大きな塀がありました。個人のお宅ですが、相模原市登録有形文化財になっています。




 「中に入ってはいけないが、覗くのはよろしい」と書いてあったので、……。




 相模原市教育委員会の掲示。




香福寺

 臨済宗建長寺派 橋本山香福寺。日曜日なので、何か式典をしているみたい。また、墓参りに来ている人もかなりいた。墓地からは、線香の香りがする。




 南側の道路にある山門。




 本堂。南を向いて建っている。




 本堂の額。「香福寺」ではなく、「香福禅寺」と書かれている。




 本堂の中では、読経(どきょう)が行われていた。いまどき椅子が置いてなく、正座をするお寺は少ないようである。もっとも後ろのほうには、椅子があるのかもしれない。よく見えなかった。




 別殿のほうでは何やら楽しそうに、飲み食いをしているようである。




 低いところにある鐘楼。




 六地蔵にも花が手向(たむ)けられていた。




相原高校

 橋本駅南口の前には、木々に囲まれた相原高校。何かの大会に出た垂れ幕がかかっていた。




Kuroda Kouta (2008.01.18/2010.04.05)