総トップページにジャンプ

  世田谷駅周辺



はじめに
松陰神社前駅
勝国寺
国士館大学
烏山川緑道
念空寺
若林公園
桂太郎の墓
松陰神社
世田谷駅 場所
円光院
大吉寺
常在寺
上町駅
天祖神社
代官屋敷と郷土資料館
浄光寺
実相禅院(実相院)


はじめに

 東急世田谷線の松陰神社前駅・世田谷駅・上町駅周辺のプチさん(プティ散策)をしてみました。


松陰神社前駅

 東急世田谷線の松陰神社前駅。東側から見たところ。右の青い電車は、三軒茶屋駅行き。左の赤い電車は、下高井戸行き。松陰神社は、この道を左(北)へ500メートルほど行ったところ。




 同じく、駅を西側から見たところ。青い電車は、三軒茶屋駅行き。




 駅を出て、松陰神社へ向かう道に食堂があった。そこに、「一笑」「一若」「一苦」「一老」という張り紙。いったい、何を意味するのであろうか。




勝国寺

 入り口の右の柱には、「旧御朱印寺 真言宗青龍山勝国寺」と書いてあります。「旧御朱印寺」は、赤字。




 上の山門の手前左に階段があって、そこを登るとお地蔵さま。




 本堂。




 本堂の額。




 薬師堂。




 薬師堂の額。セコムのシステムが入っていることを示すワッペンが貼ってあります。




国士館大学

 大きな敷地ですから、緊急時の避難所になっています。この写真を撮った後ろは、世田谷区役所。




 勝国寺の回廊からも、国士館大学が見えます。




烏山川緑道

 かつては川であった場所が、埋められて緑道になっている。おそらく、一年中にわたって水が流れないので、暗渠にしてしまったのであろう。下の写真は、国士館大学を北に下ったところの「しながわはし」という場所。すでに、右岸の地域は住宅街になっている。




念空寺

 国士館大学の東北の外れに浄土真宗念空寺がある。石柱が立っていなければ、ふつうの家と見紛(まが)うような建物である。




 ちょっと別なアングルから境内を写してみる。いずれの写真にもある後方の大きな建物は、国士館大学。




若林公園

 松陰神社の西側に若林公園がある。




 少し入ると、木々がいっぱい。




桂太郎の墓

 国士館大学のある通りを松陰神社に東に向かうと、その手前に「桂太郎墓所」と書いた石柱があった。




 入り口にある説明文。




 入ってみると「公爵桂太郎之墓」があった。




 しかし、その左隣(西側)には「桂家之墓」。いずれにも新しい花が添えられていたが、なぜ一緒に葬ってしまわないのだろうか。




松陰神社

 東急世田谷線の「松陰神社前」という駅名にもなっている。吉田松陰の墓があるが、寺でなく神社であるのが珍しい。墓は別に多磨霊園にある東郷神社などのことを考えると。




 松陰神社のいわれ。




 本殿。




 本殿の内陣。額は内陣にあった。




 吉田松陰の像。座って講義をしている。笑顔で、首がちょっと右に傾いているのが特徴的。




 松陰神社の案内もあった。




 松下村塾の復元。




 松下村塾の説明。




 吉田松陰の墓。関係者も祀られているようだ。




世田谷駅 場所

 東急世田谷線の「世田谷駅」であるが、無人の小さい駅である。この道が、下りホームに続いている。黄色い電車は、三軒茶屋行き。左側の糸杉のある場所は、寺の墓地。




円光院

 円光院と大吉寺は、いずれも世田谷駅の南側に隣接してある。しかし、山門はそれぞれ交番を挟んで世田谷通りに面してあります。まず、円光院。正しくは、「大悲山園光院」。右側の石柱には、「真言宗園光院」。左側は、「園光院幼稚園」。おまけに、大規模な墓地分譲を実施中。




 円光院の本堂。白色を基調として、なかなか美しい。




 本堂の額。右から左に読んで、「大悲山」。




 台の下には、「南無大師遍照金剛」とある。




 境内には、地蔵堂。




 地蔵堂の額。「地蔵尊」と書いてある。




大吉寺

 大吉稲荷と大吉寺が隣どうしにあります。というよりか、大吉寺の境内左側(西)に大吉稲荷があるのです。鳥居の額には、「正一位 大吉稲荷」。この稲荷の左側には、交番。




 大吉寺の山門。右の石には「浄土宗」、左には「大吉寺」。




 大吉寺の本堂。




 本堂の額。これは、めずらしく左から書いてあって「大吉金堂」となっている。




常在寺

 世田谷区弦巻一丁目34の静かな住宅街に、で〜んとある感じの寺。




 境内はきれいで、美しい造作。




 本堂の額。




 内陣。正面に仏さまが三体おられる。




 地下というか、掘り下げて部屋や庭が作ってある。したがって、少しも暗くない。




 山門の裏に、浄行菩薩があった。水で洗うように、束子(たわし)が用意されている。




上町駅

 「かみまち」か「うえまち」かを忘れてしまいました。この駅は東急世田谷線には珍しく、上り下りのホームが離れています。こちらがわは、下高井戸行きの下りホーム。そして、三軒茶屋行きの上りホームは向こうの建物の中にあります。カーブになっているので、ここからでは見えません。なお、向こうの赤い部分は、車庫になっているところに置いてある車両です。




天祖神社

 「世田谷通り」と「ボロ市通り」に挟まれた位置に、天祖神社があります。下の写真は、「ボロ市通り」に面する入り口です。




 中は広々としていて、落ち着きのある色の本殿があります。




 本殿の額です。ちょっと写しにくい角度にあったので、覗き込むようにしてパチリ。上の写真の大きさが、おわかりでしょうか。




代官屋敷と郷土資料館

 上町駅を南に少し行った「ボロ市通り」に代官屋敷と郷土資料館があります。むしろ、もと代官屋敷の土地に郷土資料館が建てられたようです。




 世田谷代官屋敷の説明文。




 代官屋敷だった家屋。




 白州跡が復元されていました。




 なぜか奥の一角に、見張り小屋と火災報知機の柱が置かれていました。扉の蝶番(ちょうつがい)などは壊れてしまったようです。




浄光寺

 右の柱には「浄土宗」、左には「久品山浄光寺」。




 本堂の額。




 境内には、観音堂もありました。




 観音堂の内陣。




 境内の庭石。私には、何となく顔に見える石もある。向こうのマンションは、すでに隣家。




 大きな木であるが、藁(わら)の胴巻きの他にも竹のスカートを着けている。




実相禅院(実相院)

 上町駅の南500メートルほどのところに、「曹洞宗鶴松山實相禅院」があります。




 そのいわれ。




 山門の額。




 本堂。




 高橋是清の墓らしきものがありました。もしかしたら、髭だけの墓かもしれません。
 高橋是清(1854〜1936)は、日本銀行総裁や蔵相を経て、首相・政友会総裁などを歴任しました。昭和初期に金融恐慌・世界大恐慌に対処したが、二・二六事件で暗殺されました。おそらく、この人の髭がここに納められているのでしょう。




Kuroda Kouta (2008.03.22/2008.03.22)