総トップページにジャンプ

  永福町駅周辺



はじめに
永福町駅 場所
エコ・ステーション
井の頭通りと神田川
熊野神社
龍光寺
永福稲荷神社
永福寺
永福橋


はじめに

 歴史の古い場所らしく、いろいろと由緒あるものがありそうです。今後も、プチさん(プティ散策)の場所を広げていきたい。


永福町駅 場所

 急行の止まる駅です。




 踏切から吉祥寺方面を見たところ。ライトの点いた渋谷行きの電車が、二編成止まっています。右の各駅停車を追い抜いて、左の急行がスタートします。下りの吉祥寺行きは、すでに急行が発車したところ。




 駅の改札から北を見ると、井の頭通り。かつて、「水道道路」と言った。




 その交差点を渡って、駅を振り返ると。交番があって、何となく安全な感じ。




エコ・ステーション

 井の頭通りを吉祥寺方向に少し行ったところ。京王エコ・ステーションという天然ガスの補給所があります。中に並んでいるのは、ほとんどが京王バス。しかし、一般の市販もしているようです。




井の頭通りと神田川

 永福町駅から南東に井の頭通りを歩いてみましょう。まず、左手に水道局。東京都水道局和泉庁舎と書いてあります。古い建物で名前も違ったでしょうが、まだ私が小学生のころから水道の事務所がありました。父に連れられて行ったことを覚えています。




 かつて、山水(さんすい)という音響メーカーがあった場所。今は黒猫ヤマトが倉庫か配送所を構えているようです。右の山上に見えるのは、明大の和泉校舎。




 神田川の神泉橋。向こうが上流です。




 同じく神田川の下流。




熊野神社

 龍光寺の北側にあります。




 一の鳥居にかかっている額。




 神社の故事来歴。




 本殿。




 本殿の内陣。




 神楽殿。北側に隣接して向こうに見えるのは、「くまの幼稚園」。熊野神社で経営をしている。




龍光寺

 神田川の西にあります。竜光寺の門と神田川の間には、お地蔵さまが。




 右の石柱には、「泉湧山」。左には、「龍光寺」。




 階段を登って山門。




 お寺の故事来歴。




 本堂。大きな葬式があるのでしょう。祭壇やテントの用意が進められていた。




 本堂の額。右から左に「瑠璃殿」と書いてあるのだろうか。




 本堂の内陣。




 観音堂だろうか。




 鐘楼。




永福稲荷神社

 下高井戸駅から永福町駅へ向かう道に面してあります。右側(東側)です。




 本殿。




 本殿の額。




 たまたま内陣が見えるように開いていました。お祓(はら)いでもあるのでしょう。




 合祀された神社。お名前が、右側の札に書いてあります。他にも、祀ってあるお宮がありました。




 境内ではなく、裏の道の向こう側(つまり、永福寺の墓地の外側)にあった「生保三年(1646年)銘 五輪庚申供養塔」です。珍しい形のもので、他の場所から移したそうです。




永福寺

 町名や駅名になった古くからあるお寺。曹洞宗で、萬歳(ばんぜい)山永福寺快慶の仏像があるらしい。住宅が左右に建ったが、おそらく昔は木の鬱蒼と茂る参道だったのではないでしょうか。




 堂々とした山門。




 山門の額。




 本堂。




 本堂の額。「永福寺」でなく「永福禅寺」。




 ガラス越しに写した本堂の内陣。




 永福寺の故事来歴。




 鐘楼。




 由緒のありそうな塔。




永福橋

 下高井戸駅から永福町駅へ向かう道に、神田川にかかる永福橋があります。そして、そこには小さな休憩所。私はそこで、少し休んでいきます。




 永福橋から上流方向を眺めると。




 同じく下流方向。




 デジカメを望遠モードにして、鯉を撮影。アングルの外にも、もっとたくさんうじゃうじゃと。




 ベンチの前には、像があります。子どもなのでしょうか、それとももしかしたら河童(かっぱ)? 説明の銘板はありません。




Kuroda Kouta (2008.07.09/2010.07.30)