総トップページにジャンプ

  国領駅周辺



○はじめに
○国領駅 場所
○駅前マンション
○くすのき団地
○元法務局前の野川
○国領町八丁目交差点
○旧品川道(いかだ道)の名残り


○はじめに

 駅周辺をずっと見て、改良後の様子なども記録してみたい。


○国領駅 場所

 調布駅の高架に伴う工事で、国領駅も大規模な工事中。改札口は、ひとまず二階へ。




 工事中の駅内を特急が通過する。狭い通路になっている下りホームで、八王子行き。




 広い部分も、仮工事。




 駅の外、南側ではマグロ祭りの店で、店主がミカンを並べている。




 南口も仮のものということが、おわかりでしょう。




○駅前マンション

 国領駅前には、大規模なマンションが完成しました。下の写真は、南口前。




 下は、北口前。




○くすのき団地

 古くからある都営の団地です。




 かなり大きく、それが十数棟あるようです。




○元法務局前の野川

 かつて法務局があった場所。そこの橋ですが、名札がありません。ファミリーマートがあるところです。そこから上流を見ると、国領駅前のビル群がにょきにょき。野川は、右(北西)に大きく曲がっています。




 同じ橋から、下流を見ると。




 法務局がなくなっても、この事務所は昔のまま。まだ、ここで仕事をやっているみたい。右に見える角の丸い建物が、元の法務局。手前にあったミツミ電機もどこかに引っ越して、跡地にはすでにマンションが建っている。




○国領町八丁目交差点

 国領駅から狛江通りを南東にしばらく歩くと、「国領町八丁目」交差点。デニーズの駐車場のそばのバス停のところに祠があった。古くから路傍にあった庚申塚などを集めたものでしょう。




 その祠を狛江通りの左に見て、国領駅のほうをパチリ。




 「国領町八丁目」の交差点。右の赤の信号の横にはそう書いてあるが、よく見ると左の青の信号には「国領8丁目」とある。角の建物は、かつての重機ミシン。




 そこを狛江に向かって左折すると、すぐ消防署。「住警器」とは、具体的に何を言うのでしょうか。




○旧品川道(いかだ道)の名残り

 「多摩川住宅入口」交差点のところに、旧品川道(いかだ道)の面影が残っています。左側が新道で、右に行くと多摩川住宅です。




Kuroda Kouta (2008.06.08/2008.07.27)