総トップページにジャンプ

  秋川駅周辺



はじめに
秋川駅 場所
南三吉野橋
三吉野工業団地
日の出橋
宝蔵寺(尾崎観音・観音堂)
秋川神社
牛沼会館と墓地
金松寺
井戸・ポンプ・小川
白瀧神社
圏央道下
秋川キリスト教会
油平駐在所前交差点
福徳寺
八幡宮
八幡公園
八幡橋
油平クラブハウス


はじめに

 JR秋川駅から歩くよりも、京王八王子駅からバスに乗って「牛沼」バス停から「油平」北バス停の間、あるいは秋川駅で下車するほうが、私の場合は便利です。


秋川駅 場所

 南口は単に連絡通路で、バス停などはありません。改札口は階上にあって、ホームに下りる構造だからです。




 北口も、同じようなデザイン。エレベータは、駅構内にしかありません。




 北口にはバス停のロータリがあります。北の方向を見ると。




 立派な建物の交番があります。




 交番のところにある彫像は、重岡建治氏の「大地より生ずる」という作品。




南三吉野橋

 「みなみみよしのばし」と書いてあったので、下を除くと高速道路。




三吉野工業団地

 その「みなみみよしのばし」辺りから三吉野工業団地。




 南の端は、緑道になっていた。




 手前の道を北に行くと、工業団地が見える。




 そして、北端に三吉野欠下公園。




日の出橋

 平井川にかかる日の出橋の上流側。




 下流側。




宝蔵寺(尾崎観音・観音堂)

 「あきる野市菅生263」ですが、秋川駅から北に歩いて約2キロメートル。福生駅から五日市駅行きのバスは、「尾崎観音」バス停で停車します。大きな観音さまが見られるのではないかと思って、行ってみました。しかし、観音堂があってその中におられるようです。その代わりと言っては何ですが、境内には14柱の観音さまと1柱の阿弥陀さま。




 山門。左側の石柱には、「如意輪観世音」。




 ゆるやかな階段がある。




 そして、観音堂。




 観音堂の額。




 観音堂の縁起。




 鐘楼。




 本堂。




 本堂の額。




 観音が14柱と弥勒菩薩が1柱。右から、そのままの順でご覧いただくと、まず多羅観音。

<l


 合掌観音。

<l


 灑水観音。「灑水」は「洒水」とも書き、「 しゃすい」と読む。「水を注ぐ」という意味であるが、密教では「加持した香水(こうずい)を注いで、煩悩や垢穢(くえ)を除く儀礼のこと。

<l


 不二観音。

<l


 円光観音。

<l


 持蓮観音。

<l


 六時観音。

<l


 揚柳観音。

<l


 龍頭観音。

<l


 魚籃観音。

<l


 白衣観音。

<l


 延命観音。

<l


 千手観音。

<l


 弥勒菩薩。

<l


 慈母観音。

<l


 ぼけ封じ観世音菩薩。「ぼけ封じ」には地蔵が多く、観音は少ないようです。やはり下に老夫婦がいる地蔵タイプのものが、「分倍河原駅周辺」の高安寺にありました。




 六地蔵もありました。




 その説明文。




秋川神社

 八王子方面から秋川に架かる秋留橋を渡ると、最初のバス停が牛沼。そこには、秋川神明社。本殿には、額がかかっていない。




 奥の院もあって、由緒のある神社らしい。




 本殿の手前(北側)には、弓がかかっていた。おそらく、魔を追い払ったものであろう。




 同じく奥の院の矢らしきもの二本。もしかしたら矢を射らなくて、弓の弦(つる)をびゅんと打ち鳴らしたのかもしれない。もしも、そうすると写真のものは何だろうか。




牛沼会館と墓地

 牛沼バス停の前に牛沼会館がある。しかし、前は墓地になっているので何となく異様な感じである。入り口には「福徳寺分譲墓地」の立て札があり、中には「臨済宗建長寺派福徳禅寺」という石柱があった。左手のいちばん奥、白い石に黒い大理石が嵌め込んである。




金松寺

 臨済宗建長寺派金松禅寺。入り口には、山門がない。




 寺の南側にある駐車場。「金松寺専用駐車場」と書いてある。




 本堂。




 本堂の額と内陣の額。本堂には寺号、禅寺にはなっていない。内陣には山号。




 その内陣。




井戸・ポンプ・小川

 金松寺から白瀧神社までの辺りは、水の豊富なところらしい。湧水と秋川の伏流水などが、豊富にあるからであろう。ポンプはともかく、井戸は今も使っているみたい。




 下のような小川が多くあって、秋川に注ぎ込んでいる。




白瀧神社

 睦橋通り南の斜面に白瀧神社。




 本殿へ登る石段の左側に小さな滝。




 本殿。




 本殿の額。




 小さいが、神楽殿。




 本殿に上る石段の途中に八雲神社。




圏央道下

 白瀧神社から油平駐在所へ向かう道が、圏央道とクロスするところ。歩道と車道のトンネルになっている。「あきる野1」と銘板が付いていた。




 くぐる手前から、南(八王子方面)を見ると。




秋川キリスト教会

 圏央道をくぐったところにあった教会。私は、ふと「神はどこにでもおられる」と思った。




油平駐在所前交差点 場所

 まだバイパスのなかった時代には、この十字路を向うからこっちへと、また逆にこっちから向うへと通った。




 西側から交差点を見ると。まっすぐ(東)行くと福生、右(南)が八王子、左(北)が青梅である。また、福徳寺が右手(南)にあることもわかる。




福徳寺

 臨済宗建長寺派延命山福徳禅寺。その山門。




 本堂。




 本堂の額。山号が架かっている。




 この福徳寺と関係があるかどうか私にはわからないが、京王八王子駅の西側にやきとり専門店の福徳というのがあった。また、八王子市楢原町の辺りだったか、その本店があった。もしかしたら、お寺が経営しているのではないか。そんなことは、ないと思うが……。




八幡宮

 入り口。白い鳥居に続いて、赤い鳥居がある。




 白い鳥居の額と同じく、赤い鳥居の額にも「八幡宮」。




 本殿。




 本殿の額。




 内陣を覗くと、さらに小さいお宮があった。




 「御輿小屋」と書いたお神輿小屋があった。




八幡公園

 八幡宮の下に隣接して、小さいが八幡公園。




 反対に、向こう側から見ると時計とトイレがある。小さいトイレには「東司」と書いてある。東司(とうす)は、禅寺において便所の通称である。東浄(とうちん)と言うこともある。




 なぜか、「竹のお話し」という掲示板があった。




八幡橋

 睦橋通りにかかる歩道と車道のブリッジ。東(福生方面)を見ると。




 西(五日市方面)を見ると、連山が見える。




油平クラブハウス

 大きなグラウンドの中にある油平クラブハウス。




 クラブハウスの北にこんもりとした木々が見える。バスの窓から見たときは何となく神社があるような感じだったので、実際に行ってみた。すると、そこには何もなかった。




Kuroda Kouta (2009.11.16/2014.03.27)