総トップページにジャンプ

  プログラムとファイルの検索(Windows7)



はじめに
Windowsボタンの利用


はじめに

 いろいろな方法があると思うが、ここでは簡単な方法を考えてみる。
 一例として、越路吹雪と有吉佐和子の記念碑がどこにあるかを調べてみよう。もっとも一例ではなく、二つの例かもしれない。いずれも墓ではなくて、それぞれ記念碑だった。そして、それらはいったいどこにあったかを思い出せないのである。いずれも寺の境内に、ひっそりとあったのを覚えている。そして、両方とも写真を撮ってどこかのページにアップをしたことも覚えている。

 そこで、まず「越路吹雪」。つい一週間前のことだ。「Windowsボタン」を押して、「プログラムとファイルの検索」に入れる。すると、すぐに出た。実際には「越路」でOK。ただし、それは自分自身のパソコンの中のハードディスク上の位置。したがって、そのアドレスを入れてもインターネット上ではアクセスできない。自分のパソコンでは、その該当ファイルを読み出すことができる。便利な機能である。

 しかし、なぜか六ヶ月くらい前にアップした「有吉佐和子」は、その方法ではダメだった。
 そこで、グーグルの検索で「有吉佐和子 site:http://riksys.web.fc2.com/」とする。ここで単に、「有吉佐和子」とするとインターネット上のすべてのホームページになってしまって、大変な数となる。「site:http://riksys.web.fc2.com/」は、探す場所の指定である。

 もっとも、Windowsボタンを広げて、「コンピュータ」から探す方法もある。その方法は、結局はGoogle検索になって上の方法と同じことをしているように思える。そしてその結果も、Gooleの一覧表を見ることになる。

 また、ホームページ・ビルダーの「サイト内検索」でもよい。それは、ファイルを一つずつ読んで探すので、かなり時間がかかってしまう。

 工夫をすることで、「越路吹雪」と「有吉佐和子」のいずれも見つかった。


Windowsボタンの利用

 いちばん手っ取り早い方法なので、忘れないように手順を記しておこう。
 私のパソコン(DELL studio XPS)のキーボードには、Windowsボタンが二つある。いずれも、一番手前の行の「Alt」キーの外側である。それを押すと、一例として次のようなボックスが画面の左上に出る。




 そこで、「プログラムとファイルの検索」とあるところに、語句を入れる。




 すると、その結果を表示する。
 有吉佐和子の場合は、ダメなので「検索結果の続きを表示」をクリック。そして、「コンピュータ」をクリック。さらに、右上のボックスに「有吉佐和子」とインプット。すると、かなり時間がかかるがハードディスク全域を調査して、結果が出てくる。




 何となくあいまいではあるが、上の「Google 検索」をクリックすると、該当箇所(その語句が含まれるファイル)を見ることができる。


Kuroda Kouta (2010.11.27/2010.11.27)