総トップページにジャンプ

  石神井公園周辺



はじめに
石神井公園 場所
釈迦本寺
上御成橋・松ノ木橋
所沢道・キャベツの碑
道場寺
斎場
三宝寺(大観音)
氷川神社
厳島神社


はじめに

 三宝寺の平和観音を拝顔しに行きました。最寄駅は、いちおう西武池袋線の「石神井公園」「大泉学園」、西武新宿線の「上石神井」「上井草」ではあるが、いずれも歩くにはちょっと遠いので、バスを利用。そこで、「駅周辺」とはしないで、「石神井公園周辺」としたのです。往きは、吉祥寺駅から成増駅行き(石神井公園駅行きでもよい)のバス、「上石神井北小学校」バス停で下車。帰りは、あたご橋から大泉学園駅。そこで、吉祥寺駅行き(武蔵関駅を経由)に乗り換えた。
 つまり、吉祥寺駅方面から向かったときは、バス停が
  「早稲田高等学院前」「あたご橋」「上石神井北小学校」
と続く。
 「旧早稲田通り」という標識があったが、下のバスの窓から撮った「早稲田高等学院」と関係があるのだろうか。ないと思うが、……




 帰りに経由した大泉学園駅のバスロータリー。




石神井公園 場所

 東京都立石神井公園です。


釈迦本寺

 近代的なビルであるが、右の柱には「開妙山釈迦本寺」。左には、「唱題行根本道場」。日蓮宗の寺らしい。




上御成橋・松ノ木橋

 石神井川にかかる橋。上御成橋は、石神井公園団地5号棟を右岸に見る手前の辺り。写真では左向うが団地。つまり、手前が北、氷川神社の方向。川は、右(西)から左(東)に流れています。




 上御成り橋から上流を見る。




 同じく下流。この日(2010年3月28日、日曜日)は雲っていたが、桜が満開。




 松之木橋は下流に向かって、石神井公園団地1号棟を過ぎた辺り。今度は、北から南を写した。つまり、川は左から右へ流れている。したがって、団地は後方左。




 松之木橋から上流を見る。




 下流。提灯をつるして、花見をしている。




所沢道・キャベツの碑

 石神井川を下って、しばらく行くと大きな仏壇屋、そして「石神井小前」交差点(信号)。




 交差点の角には、キャベツの碑。




 その右に立っている説明。




 碑を少しアップしてみよう。




 碑の反対側には、「所沢道」の石柱。




 その説明文。




 その所沢道の西方向を見たところ。右側に、道場寺・三宝寺がある。




道場寺

 豊島山道場寺の山門。




 説明文。




 中門。




 その額。




 伽藍の説明。




 本堂。




 本堂の額。




 鐘楼。




 三重塔。




 その額。




 帝釈天。




 その説明。




斎場

 石神井宝亀閣斎場。




三宝寺(大観音)

 真言宗智山派亀頂山三宝寺の門。




 右側の説明文。




 山門。




 山門の説明文。




 本堂。




 本堂の額。




 本堂に関する説明文。




 境内の西端には、大観音さまが見える。お名前は、平和観音。




 近づいて仰ぎ見ると。




 頭上の顔が印象的。後ろには、怒った憤怒の表情もある。




 ちょっとアングルを変えて、前からもう一度。




 ここで、境内の案内図。平和観音が、どこに居られるかがわかるでしょう。大師堂の上、つまり北に石神井公園の三宝寺池があります。古くから、このお寺の名前が付いている池のようです。




 観音堂。平和観音ではなく、中には如意輪観世音菩薩がおられる。




 観音堂の額。




 観音堂の内陣。




 ご詠歌。




 個人のお墓にも、観音さまがおられた。しかし、実際には鬼子母神かもしれない。花がきれいに飾ってある。




 大きくしてみると。




 下の右側には、……。




 そして、左側には。




 大黒堂。




 大黒堂の額。




 入り口の左側には、金色の小槌。持ってみようとしたが、台にくっついている。




 地蔵堂は、大黒堂の下左にある。




 地蔵堂の説明。




 鐘楼。




氷川神社

 石神井総鎮守氷川神社。古い石柱には、郷社となっている。かなり長い参道。




 門。




 門のところにあった説明文。




 本殿。




厳島神社

 氷川神社から少し北にある三宝寺池の中に厳島神社があります。




 額。




 三宝寺池の説明文。




 池の中に、東屋があります。




 その東屋からの眺め。向うに別の小さな神社が見えます。




 厳島神社の島を出ると、反対側の崖のところに赤い鳥居。名称が書いてありません。




 厳島神社への参道。登っていくところが多いのですが、ここは階段を下る。




 厳島神社の島でなく、池の畔の散策路も整備されている。




Kuroda Kouta (2010.03.28/2010.03.29)