総トップページにジャンプ

 ゲストルーム アネックス


○近藤勇と土方歳三
○高幡不動尊
○春の多摩に咲くリンドウ
○身近な簡便「古寺巡礼」
○Udaiさんのカワセミ
○Udaiさんがトリックアート美術館を見学しました
○オオイヌノフグリが春の陽射しの下で咲いていました
○ooiwさんとUdaiさんとが神代植物園に行きました
○T先生お二人と、どこかのおばさんとおばあさん
○Udaiさんが多摩川べりを散歩していると大鷹らしき鳥が中州に?
○東京都多摩市 聖蹟桜ヶ丘の桜(誰も見物客がいかないところ)
○管理人の住んでいる公団の賃貸住宅12階から見た富士山と夕日


○近藤勇と土方歳三

  

新選組の隊長 近藤勇の生家跡(上左)と近藤勇が使った産湯の水をくんだ井戸(上右)

  

龍源寺前にある近藤勇の像を横から見たところ(上左)と正面から(上右)

  

近藤勇の墓がある龍源寺山門(上左)  近藤勇の墓(上右)

  

すっかり近代化をした土方歳三の生家(上左)と古い面影を残している右隣の家(上右)

  

高幡不動尊の境内にある土方歳三の銅像。前から(上左)と横から(上右)。

  

日野市石田(いしだ)にある石田寺(せきでんじ)の山門(上左)とその墓地にある土方歳三の墓(上右)

○高幡不動尊

  

護摩を焚く祈祷をする高幡不動尊の本堂(上左)と奥の院(上右)

  

不動明王(上左)  せいたか童子とこんがら童子(上右)

    

弘法大師像(上左)と素敵な菩薩像(上右)


○春の多摩に咲くリンドウ

 Ooiwさんが送ってくださいました。

 (Ooiwさんのコメント) 「リンドウは常識的には、秋の花です、山野草です。
 平地ではなく山地にあります。それが、秋でなく、春に、高山でなく都市に咲いていたのです。
 キリスト教大学(東京都三鷹市)キャンバスに雑草として、小さく可憐な花を咲かせていました。」

 

 


 「龍胆(りんどう)は枝ぶりなんかも気に入らないけどさ、他の花なんかが全部霜枯れちゃってるとこにすっごく花やかな色彩(トーン)で目立ってるのは、すっごく素敵。」

                                橋本 治 訳 『枕草子』 第六十四段

○身近な簡便「古寺巡礼」

 京王線の千歳烏山駅から、北に1キロメートルほど行くと、お寺がまとまって30くらいあります。
 そのうち、いくつかをデジカメで撮影しました。
 あなたも行って、ご覧になったら?

 

高源院の池(上左)  妙寿寺の山門(上右)

 

妙祐寺パコダ風の本堂(上左)  存明寺の本堂(上右)

 

幸龍寺の全景(上左)  乗栄寺の山門(上右)

 

乗満寺の本堂(上左)  多聞寺の寝釈迦(上右)

妙高寺の本堂(上)


○Udaiさんのカワセミ

 カワセミは咄嗟(とっさ)だったから、ちょっとピントが合わなかったみたい。だから画像の色合いも悪いんです。




○Udaiさんがトリックアート美術館を見学しました

 視覚や常識の範囲を超えた不思議な空間でした。
 実物大の「エイムズ部屋」があって、中に入ることもできました。楽しかったです。



  




 しかし、写真にしてみると立体感などが、まったくなくなってしまいます。なぜでしょうか?
 最後にあるでっかい魚(アロワナ)は、「試作室」の素材として使わせていただきました。
 Udai さん、ありがとうございました。


○オオイヌノフグリが春の陽射しの下で咲いていました

  

 あまりにも明るい陽射し(上左)なので、ちょっと陰ったところ(上右)でも撮ってみました。


○ooiwさんとUdaiさんとが神代植物園に行きました

  

 花のない季節ですが、屋外ではクリスマスローズが咲いていました。(上左と上右)

  

温室では、ベコニアが満開です。(上左と上右)

  

どうやらOoiw さんと Udai さんは、デジカメ問答をされているみたい。とても若々しくて、お元気なお二人です。


○T先生お二人と、どこかのおばさんとおばあさん

  

電気工学・情報工学の玉野先生(上左)と文学・宗教学の高守先生(上右)

管理人がお世話になっているおばさんとおばあさん。(上)


○Udaiさんが多摩川べりを散歩していると大鷹らしき鳥が中州に?

  

中央の位置にある石の上にとまっているのが、お解りでしょうか?
その部分をトリミングして、拡大したのが右の図です。ちょっとぼけてしまいましたが……(^_^;)

  

多摩川沿い紅白桜(一本の木に紅白の花が咲く。上左)  河川敷のチューリップです。(上右)


○東京都多摩市 聖蹟桜ヶ丘の桜(誰も見物客がいかないところ)

  

非常に小さい大川に咲く桜(上左)  大川の流れに浮いた桜の花びら(上右)

大川の下流突き当たり崖の桜。(上)

 



 

管理人の住んでいる公団。右の写真の真ん中にある背の高い30階の建物の12階に住んでいます。
そこから上右の写真を写した場所を見ると、下のようになります。



○管理人の住んでいる公団の賃貸住宅12階から見た富士山と夕日

晴れて雲のない日には、こんなふうに見えます。(上)

夕日が落ちるときも、うっすらと富士山が見えるんです。(上)


Kuroda Kouta (2004.05.21/2009.10.31)