総トップページにジャンプ

  MIDI音楽ファイル「mid」形式を「wma」形式に変換する方法



はじめに
サウンドレコーダーによる変換例
変換例の結果


はじめに

 「YouTube」の動画を作るときのことです。私のデジカメ(OLYMPUS FE-4020)で撮ったムービー(AVI形式)はそのままアップすることもできますが、ふつう「Windows Live ムービーメーカー」を用いて編集・加工をします。
 そのときに、音楽として「mid」形式ファイルを指定すると、



とメッセージが表示されます。
 そこで、「mid」形式のファイルを「wma」形式に変換をしたいと思いました。そして、自分で考えるのも面倒なので、ヤフーの質問箱に次のような投書をしたのです。



 すると、すぐに上のような回答がありました。コンバーターを用いればよいのですが、それも書いてありません。「きりはなこくった」ような文章です。そんなわけで、仕方なく自分自身で考えることにしたのです。


サウンドレコーダーによる変換例

 一時間ほど考えて、結局は「Windows 7」に付属しているサウンドレコーダーを用いて、簡単に変換できることがわかりました。エクスプローラー(タスクバーにあるフォルダ立てのような形のアイコン)で開いておいた音楽ファイルのプレビューから、サウンドレコーダーに録音するのです。
 つまり、エクスプローラーのプレビュー(「mid」形式もOK)で出した音をサウンドレコーダでいったん録音をして、「wma」形式にファイル変換をしようというわけです。

 費用はかからず、ただそのプログラムをロードして実行をすればよいだけです。ただし、直結ケーブルがないときは、自作または購入する必要があるかもしれません。
 その方法を以下に示します。

(1) まず、パソコン本体のマイク端子とレシーバ端子を直結ケーブル(両端がプラスのもの)でつなぐ。これをしないと、
 「オーディオ録音デバイスが見つかりません」
となってしまう。

 なお、直結をしてしまうと、以後はスピーカから音が出ないので注意をする。私は、手持ちの両端が差し込みになっているプラグのケーブルを用いたが、スピーカと音が分配できるようにすると、音を聞きながらサウンドレコーダーで録音できるでしょう。また、もしかしたらパソコンの裏側に、レシーバ端子が別にあるかもしれません。(見にくいところなので、確かめていません)

(2) 起動してあるサウンドレコーダーをセット(録音開始)して、すぐにあらかじめ開いてある変換前の「mid」ファイル一覧のプレビューを開始する。

(3) プレビュー下にある横棒のインジケータで、曲が終わったことがわかります。

(4) プレビューが終わると、直ちにサウンドレコーダーを止める。

(5) サウンドレコーダーに出来上がったファイル(「wma」形式)があるので、それを該当フォルダにセーブする。拡張子が異なるので、ファイル名はそのままでよい。


変換例の結果

 音が割れなければスピーカの音量は、なるべく大きくしておく。私の「DELL studio XPS」のタスクバーにある音量は、90パーセントにした。

 変換後の音量はデシベルが下がって、少し小さくなるようだ。しかし、音質はさほど悪くなっていないように思う。
 以上(2010年11月3日現在)


Kuroda Kouta (2010.11.03/2010.11.03)