総トップページにジャンプ

  法政大学周辺


○はじめに
○法政大学バスターミナル 場所
○十一面観世音
○八雲神社
○相原幼稚園・相原保善会
○八木重吉生家
○大戸観音堂
○境川の川境橋
○東京家政学院バスターミナル 場所
○おさる様ほか
○ピュアばいてん(牛乳・ヨーグルト)
○真米トンネル
○家政学院入口交差点(信号)
○インドカレー
○御嶽神社・中相原会館
○相原十字路
○にこくはし
○華蔵院
華蔵院の六地蔵
○相原天満宮
○行昌寺
○円林寺
○正八幡宮
○大六天社
○多摩送信所跡
○妙法寺
○ひかりの子日曜学校
○法政トンネル
○相原駅
○仲町子ども広場
○町田市堺市民センター
○青木家屋敷
○坂下信号(交差点)
○空想美術館
○清水寺
○瑞光寺
○元橋会館
○稲荷社
○道林寺
○秋葉神社・三峰神社
○諏訪神社
○丸山公会堂
○相原小学校
○長福寺
○相原八幡宮
○正泉寺
○徳本念仏塔(正泉寺あみだ堂)


○はじめに

 法政大学の周辺には、プチさん(プティ散策)の対象となるような場所があります。そこで、ここにまとめてみました。最初、タイトルを「法政大学バス停周辺」とか「法政大学バスターミナル周辺」などと考えました。しかし、「法政大学周辺」としました。そのほうが、わかりやすいからです。
 行きにくい所ですが、京王八王子駅かめじろ台駅からバスを利用すると簡単です。また、東京家政学院まで行っても、この周辺をカバーできるでしょう。


○法政大学バスターミナル 場所

 法政大学多摩校舎は、東京都町田市にあって広々としたキャンパスです。しかし、駅から遠いので、ふつうバスを利用するようです。入口は、コンコースのようになっています。




 大学の入口には、案内所というか守衛所というか、下のような建物があるだけです。




 上の建物の斜め前(南)に、下の建物があります。正式名は、「16号館 EGG DOME」。上から見ると卵形をしているからです。そしてその一階部分が、バスターミナルです。入りきらない一番乗り場付近には、屋根が付いています。




 大通りから大学に入る三叉路。角には、ちゃんと大手のスーパーがあります。




○十一面観世音

 土地の改修工事をしているらしく、落ち着いた雰囲気がない。




 その内陣を覗くと。




○八雲神社

 階段が急なので、下から参拝をした。




 お囃子の説明板があった。




 大戸公会堂。




○相原幼稚園・相原保善会

 カラフルな相原幼稚園。




 右の石柱に、「学校法人 相原保善学園 相原幼稚園」。そして左に離れた石柱には、「大戸学校跡 円林寺 秦良谷」。そして、幼稚園に隣接(西側)には相原保善会の建物。




○八木重吉生家

 八木重吉の生家が小さな博物館になっていた。




 歌碑があった。




○大戸観音堂

 門の表札に「宗教法人 祐照庵 正観世音菩薩 大戸観音堂」とある。




 山門の上に鐘楼がある。




 本堂。




 本堂の額。




 ご神木になっている大銀杏(おおいちょう)。




○境川の川境橋

 境川にかかる川境橋。右上の標識は、上が「神奈川県」。下が「相模原市」。




 橋の上から、上流を眺めると。




 同じく、下流。別の川が左(北)から合流している。




○東京家政学院バスターミナル 場所

 「京王八王子駅」または「めじろ台駅」からバスに乗ると、「東京家政学院」が終点バスターミナル。逆に「相原」から乗ると、「東京家政学院前」の次がこの「東京家政学院」終点。




 バスターミナルを南から見ると。学院は、この道を右に少し行って右側。この交差点(信号)名は、「東京家政学院前」。




 まん中のプレートには、「東京家政学院大学・大学院」。この建物の前に、「東京家政学院前」というバス停。




○おさる様ほか

 「東京家政学院」バスターミナルの横(南西)に、小さな祠があった。




 右側にある石像。




 石像の説明文。




 階段を上がったところにある祠。




 その祠の説明文。




 もしかしたら、下が祠の説明文かもしれない。




○ピュアばいてん(牛乳・ヨーグルト)

 東京ミルク工房ピュアの売店が、「東京家政学院前」交差点(信号)脇にあった。クリスマスの飾り付けをしている最中。




 ちょっと中を覗くと、売店があった。




○真米トンネル

 「東京家政学院」バスターミナルから「家政学院入口」交差点(信号)に向かって歩くと、真米トンネルがある。抜けて、北側から見たところ。




○家政学院入口交差点(信号)

 真米トンネルを抜けて、さらに歩くと町田街道。その交差点(信号)が、「家政学院入口」。歩いてきた道を振り返る。




 同じ交差点で、法政大学方面。




○インドカレー

 東京家政学院の近くに、瀟洒なインドカレーの店があった。




 その店の入口には、インド神の飾りが付いている。




○御嶽神社・中相原会館

 相原十字路の角に中相原会館があって、その中に御嶽神社がある。東京家政学院から来た道から、入れるようになっている。




 しかし、実際の入口は中相原会館の広場から上がる。




 内陣を覗くと、そこには小さな石の祠。




 中相原会館。左の一段高いところに御嶽神社が鎮座まします。




○相原十字路

 交差点(信号)もバス停も、同じく「相原十字路」。




 交差点から、相模原の方向(南)を見たところ。だいぶ向うの表示板は、上は「神奈川県」。そして、下は「相模原市」となっている。




○にこくはし

 相原十字路を少し北に行って、振り返ったところ。橋は、「にこくばし」。つまり、「相模の国」と「武蔵の国」の境にかかっているということであろう。なお、この橋は手前が狭くなっている。




 橋から、上流を見た。




 同じく、下流。




○華蔵院

 真言宗児松山華蔵院。関東八十八カ所六十二番霊場である。その山門。




 山門の額。




 山門の仁王像、右側。




 同じく、左側。




 本堂。




 本堂の額。




 本堂の内陣。




華蔵院の六地蔵



○相原天満宮

 華蔵院の境内とも言ってよい場所に、相原天満宮がありました。




 その額。




 内陣には、木彫りの神さまがましました。




○行昌寺

 町田街道の「家政学院入口」交差点(信号)横にある曹洞宗地蔵山行昌寺。その入り口。




 山門。




 山門の額。




 本堂。




 本堂の額。




 あいはら観音。




○円林寺

 天台宗雲乗山円林寺。町田街道からの入り口。




 入り口にあった記。




 本堂。




 本堂の額。




 本堂の横にある「開運厄除元三大師」。元三大師(がんざんだいし)とは、平安中期の天台宗の僧だった良源のことを言うのだろうか。元三のいわれは、良源が寛和元年(九八五年)正月三日に没したから。




 その額。




 鐘楼。




 妙な蛙があった。台座には、「七難サル手 無事カエル」と書いてある。




 入り口にあった地蔵。




○正八幡宮

 小さい神社だが階段が急なので、下から参拝をした。




○大六天社

 ここは、がんばって階段を登った。




 本殿。




 本殿の額。




 内陣を覗いてみた。




 なぜか境内には、椎茸のほだぎがあった。




○多摩送信所跡

 多摩送信所の跡。




 その説明文。




○妙法寺

 相勝山妙法寺。墓地を分譲していて、その入り口が本堂に通じている。




 本堂。




○ひかりの子日曜学校

 妙法寺の隣りには、キリスト教会があった。




 大きな立て札。




○法政トンネル

 妙法寺から法政大学バスターミナルへ抜けるトンネル。




 トンネルの右側にあった設備。何のためのものだろうか。




○相原駅

 町田街道に「相原」というバス停があるが、JR相原駅とはかなり離れている。町田街道を町田に向かって少し歩くと、JR横浜線。そこから、北のほうに相原駅。




○仲町子ども広場

 町田街道沿いに、仲町こども広場。




 公園のいちばん奥の外の通りには、小さい橋があった。その橋は、珍しくレンガ造り。




○町田市堺市民センター

 相原駅の近くに町田市堺市民センター。




 その堂々としたエントランス。




○青木家屋敷

 旧町田街道沿いに古い屋敷。




 町田市の解説文。




 同じく、東京都。




○坂下信号(交差点)

 八王子バイパスが、町田街道の上を越える。その下が「坂下」信号(交差点)。「坂下」というバス停もあるが、ずっと東。




 バイパスの下を利用した相原児童公園。




 八王子バイパスの下を北に向かうと、空き地を利用した感じの小さい花壇があり、「元橋花の会」と書いてある。




 何となく動物のイメージ。




 花に傘がさしてある。




○空想美術館

 坂下交差点の一角にある空想美術館。




 その扉には、下の張り紙。




 横側、つまり八王子バイパス側の壁には幻想的な猫の絵。




 その上の部分をアップ。




 同じく、下の部分。下の図の下三分の一くらいは、建物でなく実際の道路になっている。犬の形をしたプランタンは、古木をそのまま利用している。




○清水寺

 妙心寺派臨済宗瑞石山清水寺。町田街道に面した入り口。




 本堂。




 鐘楼。




 堂宇の全景。




 本堂まで、車道があるらしい。




○瑞光寺

 曹洞宗橋本山瑞光禅寺。現在は本堂の建設中。入り口にある山門。




 山門の右側に、石柱。「本然学舎橋本学校開設の地」。




 左側には、万霊塔。




 中を覗くと、工事中。




 寺の説明文。




 完成予想図。




○元橋会館

 「坂下」信号(交差点)を八王子バイパスに沿って、北に少し行ったところ。




 入り口を正面から見ると。




○稲荷社

 「坂下」信号(交差点)を北に少し行くと、小さな稲荷社。




 鳥居の額。




 内陣。




 境内には小さな祠。私には、なんだか笑っているように思えた。




○道林寺

 稲荷社をさらに北に上がって、住宅街の中にある道林寺。何となく、個人のお宅を兼用しているみたい。中には、入らなかった。




○秋葉神社・三峰神社

 地図に秋葉神社とあるが、三峰神社を合祀しているらしい。




 鳥居の額。




 意外に小さい本殿。




○諏訪神社

 法政大学(エッグドーム)から相原行きのバスに乗って、終点の一つ手前「諏訪神社」バス停で下車。北に向かって、少し歩きます。




 一の鳥居。中には、二の鳥居があります。




 由緒が立ててありました。




 本殿。




 本殿の額。




 本殿に上がる階段の右側にあった寄付者。左側にもある。




 道路の駐車場側から見た全景。




○丸山公会堂

 ここに、丸山獅子保存会も入っている。




 敷地内に石碑があった。残念ながら、文字が読めない。




○相原小学校

 東京都町田市立相原小学校。町田街道に面してある。




 遠くから見ると、ずいぶん大きな建物。




○長福寺

 曹洞宗寿国山長福禅寺。町田街道の北側に面して、高台にある。




 灯籠の間を少し行くと、山門。




 山門の彫刻。




 同じく山門の彫刻。




 同じく。龍の姿が生き生きしている。




 長福寺の説明。




 学校発祥の地でもあったらしい。「相原学校開校地長福寺」とある。




 本堂。




 本堂の額。




 本堂の内陣。




 鐘楼。




 文殊堂。




 上がってみると、外側を覆って二重になっていることがわかる。




 文殊堂の彫物。




 同じく、柱にも龍。




 同じく、庇(ひさし)の部分にも。迦陵頻伽(かりょうびんが)であろうか。




 文殊堂の説明文。




 文殊堂の高さから見た堂宇。




○相原八幡宮

 相原総鎮守 宗教法人 相原八幡宮。




 本殿の右(東)側に、大きなご神木。




 本殿。前には、新年の行事「輪くぐり」がある。




 鳥居の額も本殿の額も、単に「八幡宮」。




 神楽殿。




○正泉寺

 曹洞宗龍源山正泉禅寺。関東百八地蔵尊霊場にもなっている。




 山門。




 本堂。




 鐘楼。手前には、多くの無縁仏。




 正泉寺に関する説明文。




 二宮金次郎。学校の発祥地記念碑らしい。




 延命地蔵尊。




水子地蔵尊。




 メランコリックな如意輪観世音。




 招福地蔵尊。




 しあわせ地蔵尊。「惚け封じ」と書いてあった。




 ひときわ大きな聖観世音菩薩。




 マニ車。「オン カカカ ビサマエイ ソワカ」。




○徳本念仏塔(正泉寺あみだ堂)

 正泉寺あみだ堂であるが、正式には徳本念仏塔。




 堂の額。




 内陣には、仏や菩薩がまします。右端は、お姿が見えないが閻魔大王。




 ここにもマニ車があった。ここは、「オン アミリタテーセイ カラウン」。




Kuroda Kouta (2009.12.25/2010.01.10)