総トップページにジャンプ

  掲示・標語・看板・碑など



はじめに
暖かい心(宮崎さま宅)
我は復活なり(ヨハネ会桜町病院)
水と酒(三鷹駅北口の酒屋)
トイレのマーク


はじめに

 「掲示・標語・看板・碑など」としましたが、その他の目に付いたもの、例えば街角の「標識」なども含みます。


暖かい心(宮崎さま宅)

 個人のお宅ですが、玄関のドアに「暖かい心 その心が あなたを幸せに導く」という標語がありました。あまり宗教を感じさせない言葉のようですが、ご家族の方々のモットーなのでしょうか。




 お宅の玄関には、ピンクの苞(ほう)が開いたブーゲンベリアの鉢。そして、白い花もありました。何となくほのぼのとした雰囲気を感じさせるお宅のようです。




我は復活なり(ヨハネ会桜町病院)

 小金井市桜町一丁目にある総合病院。受付には、年配の尼さんがいました。




 上の文字がある場所。




水と酒(三鷹駅北口の酒屋)

 三鷹駅北口から税務署の方向に向かって大通りを歩くと、左側にあるお店です。
 そこには、ご覧のように
 <水は渇(かわき)をいやし 酒は心を創る
 酒に十徳あり 友と交りを良くし 礼節を知り 憂(うれい)を去らしめ 欝を開き 労をいやし 疲れを直し 病を遠ざけ 縁を結び 愛情を深くし 人寿を延ぶ>
とあります。




トイレのマーク

 本八幡駅から葛飾八幡へ行ったときのことです。その参道の入り口にトイレがありました。




 よく見ると、男のほうは便座に座って考えるポーズ、つまりロダンの『考える人』です。しかし、私もそうですが公衆トイレで番座に座ることはほとんどないでしょう。それはともかく女性のほうは、ミロのヴィーナスの肖像のようです。いずれにしても、何ともセンスのあるマークですね。

   


Kuroda Kouta (2007.10.05/2010.04.20)